Office Maintenance
office maintenance_01.png

​転倒防止~Fall Prevention~

「オフィスの転倒防止対策を承ります」

オフィス家具の転倒防止対策は、働く人々を怪我から守ることに加え、設備や機器を破損から守る上でも大切な対策です。オフィスの中でも地震発生時、特に転倒しやすいものが収納庫・キャビネット・書棚など背の高い家具でしょう。

これらの転倒を防ぐのに有効な手段が「家具同士を連結すること」「家具を床・壁に固定すること」になります。

yokohaimen01.png
yukako01.png
kabeko02.JPG

また、お客様によっては「壁に穴をあけられないから壁固定ができない」「収納庫が1台しかなく連結ができない」など上記の転倒防止が難しい場合があるかもしれません。

そのようなときでも状況に合わせて最適な転倒防止対策をご提案いたします。

“転倒防止”と“耐震”の違い

転倒防止と耐震は違います。耐震は「建物がかなりの強度で地震に耐え、破損などを防ぐ処置」ですが、転倒防止はあくまで「大きな地震発生時にすぐに物が転倒しないよう、避難する時間を稼ぐ処置」になります。

転倒防止対策で壁固定をしている場合、1回目の大きな地震で倒れなかったとしても、壁と家具を止めているビスが緩んでしまっている可能性があるため、2回目の大きな地震で倒れてしまう危険性もあります。

1度大きな地震を経験されている場合、転倒防止がしっかり機能しているか確認をした方がいいでしょう。

転倒防止がきちんとできているか不安な場合は文華堂が確認に伺いますのでお気軽にお問い合わせください。

修理・メンテナンス~Repair・Maintenance~

makita.jpg

「オフィス家具の修理もお任せください」

オフィス家具・什器を長年使用していると「扉や引き出しが開きずらい」「椅子の上下昇降ができなくなった」などの問題が生じてくると思います。使い慣れたデスクやチェアを末永くご使用いただくために、文華堂では修理・メンテナンス・パーツ交換を承っております。

収納庫・キャビネットの扉修理

扉のラッチやヒンジ(蝶番)の不具合や収納庫の歪みによる開閉の問題など、様々な故障に対応いたします。

repair_3.jpg
repair_2.jpg

デスク・サイドキャビネットの引出しの修理

引出しが固い、ガタつく、擦れるような異音がするなど、ちょっとしたことでも仕事への集中の妨げになることもあります。

少しでも気になることがあればぜひご依頼ください。

オフィスチェアの修理

椅子の上下昇降のガスシリンダーの寿命は5~10年と言われています。文華堂は昇降ができなくなったオフィスチェアのガスシリンダーの交換対応も可能です。

また、肘置きのぐらつき、キャスターが回りずらいなどの修理・交換もいたします。

repair_4.jpg

他にもオフィス家具・什器でお困りごとがあればお気軽にお問い合わせください。